院長紹介

Home > 院長紹介

味岡 武志 
あじおか たけし

1980年名古屋市で生まれる。
1986年名古屋市内小学校 入学後、日進西小学校 転校。
1996年南山中学 卒業
1998年南山高校 卒業
1999年広島大学歯学部 入学
2004年3月広島大学卒業 すずの木歯科室勤務(副院長)
2014年3月愛知県内3医院にて更に研鑽しながら開業準備
2015年4月あじおか歯科クリニック開業

所属学会

  • 日本顎咬合学会 かみあわせ認定医
  • 日本臨床歯周病学会
  • 日本口腔インプラント学会

学会発表

  • 日本顎咬合学会 本大会 2011年,2012年
  • スタディグループ発表
  • PAFの会 ヨクナールミーティング
  • SJCD若手例会 栄3丁目文献抄読会
  • Tokai Next Generation など多数

参加したセミナー、講習会、学会

  • 愛知県保険医協会接遇講座
  • 愛知県歯科医師会医療安全講習
  • 名古屋市立大学主催アストラテックインプラント実習
  • GC マイクロスコープセミナー
  • デンツプライNi-Tiファイルセミナー
  • 一の会
  • 高橋登先生 青島徹治先生コンポジットレジンセミナー
  • 日本国際歯科大会
  • 松本勝利先生総義歯講習会など

プロフィール

誕生

1980年3月20日名古屋市にて3320gの元気な男の子として誕生しました。
幼い頃から外で遊ぶことが大好きな男の子でした。

小学校〜高校まで

小学校では学級委員を務めたり運動会でリレーの選手として出場するなどアクティブな小学生でもありました。
高校時代には進路をどうするか模索する中、どのような職業が向いているか、自分なりに色々考え、相談もしました。そんな中「人の役に立つ仕事がしたい」という思いを抱くようになり、歯科医師である叔父に相談をしたことをきっかけに歯科医師を志すようになりました。

大学時代

大学時代に「何かに打ち込みたい」と考え、テニス部に入部。5年生の時にはキャプテンを務め、人をまとめる大変さ、一つの目標に向かっていく充実感などを学びました。また、全国のテニス大会でベスト8に入賞するなど充実した青春時代を過ごしていました。
部活動に専念する傍ら、家庭教師や居酒屋でのアルバイトに励むなど大学生活を謳歌していました。歯科医師としての勉強だけでなく、人と人の繋がりの大切さを学びました。

卒後〜現在

卒業後は愛知県蒲郡市のすずの木歯科室に勤務。
治療を補佐する傍ら、どんな治療をしているか見学し、なぜその治療法を選択しているか勉強し、仕事がおわったら歯を削る練習など、あっという間に時間がすぎていきました。

また、勉強会にも所属し、研鑽を続けてきました。心に残っていることの一つとして東日本大震災のチャリティ講演を主催したことがあげられます。少しでも被災者の方の力になりたいと若手の先生達と協力して計画しました。トップクラスの歯科医師の先生にも協力して頂き、おかげさまで多くの参加者を募ることができ、微力ながら被災者の方に貢献できたのではないかと自負しています。

また、その時、私も壇上で自分の症例を発表し、日本のトップの先生に見ていただく機会にも恵まれました。今年からは私が会長となり、その勉強会を仕切っています。
そんな中、自身の考えに基づきながら患者さんにとっての最高の医療をしていきたいという気持ちが強くなり独立を決意。勤務先の院長は快く承諾してくださり、時には相談にものって頂きました。

そして、2015年4月に「あじおか歯科クリニック」を開業致しました。生まれ育ったこの場所で地域医療に貢献していきたいと思っております。
どうぞよろしくお願い申し上げます。