設備紹介

Home > 設備紹介

最先端歯科医療の追求

痛いイメージは歯科治療の最大のストレス要因でした。しかし、現在の歯科医療は日々進化・進歩しています。医療設備の進化も素晴らしく、痛みが少なく、治療効果が高く、治療期間も短縮できるようになりました。
最新の歯科医療はここまで進化しています。 歯科医院の医療機器の選択しだいによって、提供できる医療の質が決定するのです。 だからこそ、歯科医療機器の選定には徹底的にこだわりました。まずはあなたの目でご確認ください。

最新式デジタルCT

当院では安全な治療、正確な診断を実現するために、最先端の歯科用CTを導入しております。

既存のレントゲン画像は2次元(平面)であるため、画像上の重なりや骨の厚み、正確な顎の骨の中の状態を把握することが困難でした。

しかし、CTレントゲンは3D(立体的)での画像で確認できるため、既存の平面レントゲン画像に比べ、より豊富な情報を取得できるようになったのです。
従来では確認できなかった部位まで把握して診断ができるため、治療の安全性や診断の精度が格段に向上します。


インプラントの治療計画の立案や難しい抜歯での使用にとどまらず、今後の歯科診療において、治療の安全性と確実性を向上させるために不可欠なものとされています。

また、治療の説明というのは、患者さんにとって分かりにくいものですが、ご自身の顎の状態を3D画像でご覧いただくと、平面の画像をご覧いただいたときよりもイメージがしやすいので分かりやすく、安心できると思います。
当院では撮影したCT画像をチェアサイドで見ることもできますので、よりわかりやすくご自身の今の状態を確認することができます。

マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)

当院では現在マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を用いた治療を行っております。

これにより精度の高い診断や治療を患者様にご提供する事が可能となりました。
マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)は、日本全国の歯科医院で5%前後しか導入されていません

マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)は肉眼の約20倍以上の拡大率を可能にし、従来人間の目で認識する事が難しかったものうを見ることが可能です。現在、心臓外科や眼科の細かい手術で使用されている医療用顕微鏡です。

歯科領域でマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を使用すると肉眼では見ることが不確実となる部位(根管の内部、歯のヒビなど)の確認できなかった原因を見つけることができ、より効果的な治療法をご提案できると思います。われわれ歯科医が対象とするものは、小さな歯、そしてその中に通っているさらに小さな歯の神経、血管です。これらは、脳や心臓の血管と同じくらい細かな領域です。 マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)によってより繊細で丁寧な治療が可能となり、救うことができる歯や歯周組織が少しずつ増えてきています。

病原菌が発見できる位相差顕微鏡

痛くならないように原因のチェックに行く

レントゲンには細菌は映りません。だからこそ細菌を発見することが出来る位相差顕微鏡検査は重要なのです。虫歯や歯周病は虫歯菌、歯周病菌が原因となる感染症です。

患者さまの虫歯・歯周病リスクが高い奥歯から少量の汚れを取り、その場で瞬時に検査が可能です。もちろん痛みは全くありませんから安心です。画面を通じて患者さんごとに口腔内の細菌類の状況や変化を把握できますので、発症予防にも繋がりお口のリスク管理には最適です。

別途料金はかかりませんのでご安心ください。

最新式デジタルX線

線量が歯科は医科の約1/10 デジタルなら更に1/10

治療技術も大切ですが、診断もとても重要なのです。 デジタルレントゲンは従来のフィルムタイプに比べ、同じ人を撮影した場合でも得られる情報量が格段に多く、より鮮明な画像であるため正確な診断ができます。

X線の被爆量も、従来のフィルムタイプに比べ最大で1/10の線量で撮影が可能ですから、身体にも優しいのです。

保険適応なのでご安心ください。

あなたのお口の診断書

自分の歯の状態を把握して自己管理がしやすい

「ご自分の歯の本数は?」「現在の、虫歯の有無、歯周病の有無や進行状態は?」あなたはこの質問に正確にお答えになれますでしょうか?

今の歯を失くさないためには、毎日の自己管理(歯みがき等)がとても大切ですが、正しい自己管理とはご自分の歯の状態を知ることから始まるのです。 そこで当院では、あなたのお口の状態を写真や図にしてお渡しします。 ご自分のお口のリスクをご自身で把握していただくことが、「漠然と歯を毎日磨く」から、「丁寧にリスク部位の歯を毎日磨く」ことに繋がります。 同じ歯磨きでも、歯を守る効果は大きく違ってきます。

別途料金はかかりませんのでご安心ください。

痛くない電動麻酔器

注射されている感覚がほとんどない

当院では、患者さまの治癒時の痛みを最小限にするために、麻酔の注射の無痛化に努めています。 麻酔の注射が痛いのは「針の刺入時の痛み」、「注射液注入時の圧力」、「注射液の温度」などが原因です。

これを解決するのが細い注射針、コンピューター制御電動注射器、常に、痛みの少ない治療を心がけています。 保険の診療が適応なのでご安心ください。

画像や写真で分かりやすい説明

様々な画像屋写真で治療の流れが理解できて安心

歯科医院での治療がどんな風に行われているのかご存知ですか?目には見えない口の中の治療はなかなか理解ができないものです。それでは少なからず不安を抱えたまま治療を受けることになります。当院ではそんな患者さんの不安を解消したいと虫歯や歯周病の説明や様々な歯科治療の内容を画像や写真を使って分かりやすくご説明いたします。

別途料金はかかりませんのでご安心ください。

見えないものが見える口腔内CCDカメラ

全てを見られて説明もわかりやすい

口腔内CCDカメラはひとつの歯からお口全体まで映し出すことができます。 従来の治療は、治療時の説明に患者様が小さな手鏡を持ち、お口の中を見て説明を受けていましたが、状態や症状が分かりづらく、ご自身のお口の中がしっかりと確認出来なかったり、症状を把握出来なかったケースが多かったと思います。
当院では、口腔内CCDカメラでご自身のお口の状態や症状を確認していただき、治療前と治療中、そして治療後を比較して、どう良くなったかをご説明をしております。

例えば、手鏡ではほとんど確認出来なかったわずかな歯の亀裂や、小さな虫歯、目立たない歯石でも、大きくはっきりとモニターでご確認いただけますので、患者様が、ご自分の目で確認して理解と納得していただいた後に治療を行います。

保険適応なのでご安心ください。

けずる音の小さいドリル

音が小さいので怖さがない

皆さまが苦手なキーンという高い回転音がしません。エアー式(音が大きい)ではなく機械式(音が小さい)で回転します。 回転を止める時もエアー式と違い瞬時に止まりますから、歯をけずり過ぎる事もありません。 全てはあなたの恐怖心を和らげるために、少しでも快適な治療空間をご提供したいのです。

別途料金はかかりませんからご安心ください。

歯科用拡大鏡

むし歯・歯周病の治療は確実に

最先端の歯科医療は裸眼では見えにくい細かい部分を拡大鏡で大きく患部を見て治療します。レンズも明るくピントが合う位置が 幅広いので患者さまが動いても確実に捉え続けることができ、安心して治療をお受けいただけます。

歯科用LED照射器

虫歯を素早く治療する器材

自然な白い色の詰め物にLEDの光りを当てて固めます。
※小さな虫歯であれば一日で治療が可能となります。

今までは、虫歯をけずり金属の詰め物をして固めていた・・・ これからは、小さな虫歯はわずかな治療で、歯に近い色の詰め物をして短時間でキレイにすることができる 当院ではこの特殊な機器も小型でハイパワーなものを使います。
※治療内容によっては使用できない場合がございますのでご了承ください。

保険適応・別途料金はかかりませんのでご安心ください。

超音波スケーラー

さっぱり気持ち良い歯石除去器

一定の高振動数を維持し、なおかつ少ない振幅で効率を高め、痛みと時間 を最小限に抑えることに成功しました。 当院では超音波で歯石を除去するときのチップも極細を使用いたします。 歯と歯ぐきの負担も少なく、歯周ポケットの中をまで清掃するので、快適に気持ちよくバイオフィルムや歯石を取ることが可能になります。 当院では定期的に研修を行い、スタッフのスキルアップにも努めています。

また、当院では保険診療の適応なのでご安心ください。

PMTC

プロのクリーニングで汚れが付きにくくなる

プロが行うお口のクリーニングによってキレイになった歯は今までのご自宅での歯磨きの時間が同じでも、歯の汚れが従来に比べても付きにくくなっています。虫歯、歯周病も予防にも直結しているのです

保険適応です。

高圧蒸気大型滅菌器 オートクレーブ

安全・安心の消毒・滅菌システム

フルオート高圧蒸気滅菌器です。121℃から135℃の超高温により、全ての細菌や病原菌などを死滅させることができる機械です。 患者さんごとに使用します金属性や耐熱の検査器具、治療器具は全て滅菌をいたします。ご安心ください。「安全に!より清潔に!そしてより誠実に!」

別途料金はかかりません。

最先端医療は高額医療なの?とご心配される方へ

ご安心ください。 保険診療とは、1点が10円と料金が国から決められていますから5年前や10年前や 20年前の医療設備を使っての治療費と、最新の医療設備を使っての治療費は同じです。
「え?・・この環境で保険診療が気軽に受けられるのですね」と 喜びのお声をいただけることが私どもの喜びです。