無痛治療

Home > 設備紹介 > 無痛治療

可能な限りの無痛治療を

幼い頃に、痛い治療や押さえつけられての治療を受け、「歯医者はすごく痛いもの」という先入観を持ち、歯医者嫌いのまま、大人になられた方もいらっしゃるかと思います。 表面麻酔や電動式麻酔などを用い、可能な限り痛みや不安の無い治療を目指しております。
著しく不安の強い方にも十分な対処が可能になりました。ただし炎症が急性症状の場合、お痛みを取りにくい場合もあります。
当院では可能な限り無痛治療をこころ掛けております。

1. 表面麻酔

針を刺す場所の歯ぐきの表面を麻痺させ、刺す痛みを減らします。 写真の白地に黄色いラインのボトルはバナナ味です。 お子様にも安心ですね。

2. 極力細い針の使用

痛みを抑えるためには細い針の方がよいです。歯科治療で使われる中で最も細いと言われる33ゲージをつかっています。

3. 電動麻酔器

手動の注射器では必要以上に力が入り、麻酔液が体内に入っていく圧力が苦痛になりますが、電動麻酔器は注入時にかなりゆっくりと体内に麻酔の液を入れていきますから生体的に抵抗が少なく、注射されている感覚もほとんどありません。

4. テクニック

麻酔の針を入れる際に、針を動かさずに歯肉を振動させて薬液を入れることにより、さらに痛みを軽減します。また、痛みを感じにくい場所を選び針を入れます。

5. 患者さまとの信頼関係

無痛治療を行うためには、何より患者さまとの信頼関係が大切です。治療前に、不安や疑問があれば遠慮せずになんでも質問してください。 「今日はどんな治療をするのか?」 「痛みはないか?」 どんな些細なことでも構いません。不安を取り除くことが無痛治療への第一歩です。また、万が一治療中に痛みを感じたら「痛みを感じました」と教えてください。

私たちは、患者さまと
このような信頼関係を築いて、
患者さまが安心して
最高の笑顔を手に入れられることを
喜びとしています。